ヤーコンの糖尿病予防・改善効果

ヤーコンは中南米アンデス高地が原産のキク科の根菜で、お茶に使われる葉は少し白みをおびた緑色をしています。さまざまな栄養素が含まれていると言われ、生活習慣病が気になる人やダイエット中の人から人気。ハーブティーとして親しまれています。

ヤーコンを飲んで
血糖値が下がった事例

他の材料も含まれていますが、ヤーコン入りのお茶を飲んで血糖値が下がった事例を紹介します。

毎日、ジュース・エナジードリンクを飲んでいる女性

コーラを毎日飲む女性

頻繁にジュースやエナジードリンクを飲む女性の食後血糖値の変化を見ました。普段の食生活で数値を計ったところ、163mg/dLと糖尿病予備軍の数値が出ました。ヤーコン茶を飲んでもらったところ、104mg/dLまで下がる結果に。お茶を飲む分ジュースの量も減ったそうですが、期待できる数値になりました。

「大盛り無料」「おかわり自由」に弱い男性

白米が大好きな男性

「大盛り」「おかわり」が口癖になっている男性にもヤーコン茶を試してもらいました。飲み始める前の食後血糖値は、119mg/dL。お茶を始めて1週間後の数値は85mg/dLに。もともと正常値内でしたが、さらに下がる結果となり、糖尿病の予防効果が期待できそうです。

効果の高い健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

ヤーコンが糖尿病予防や改善に
おすすめの理由

ヤーコンは芋類の中で最も低カロリー。野菜の中でもオリゴ糖やポリフェノール、水溶性食物繊維を多く含んでいるのが特徴です。血糖値を上げにくい低GI食品で、余分な脂質や糖を排出。豊富に含まれている食物繊維やポリフェノールが糖の吸収を妨げる働きをしてくれるため、血糖値の急上昇を抑制できます。糖尿病・脂質異常、共に改善効果が期待できるでしょう。

ヤーコンの健康効果とは

余分な糖や脂質を排出

ヤーコンには、食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。ヤーコンに含まれる水溶性の食物繊維は人にとって必要不可欠な成分で、摂取すると腸内で変化し糖や脂質といった不要物の排出を促してくれるのが特徴。血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、血糖値が急上昇しにくく糖尿病の人に最適です。カロリーが低く体に吸収されにくい性質のためダイエットも効果的だと注目されています。

抗酸化作用

ヤーコンの苦味のもとになっているポリフェノールが、抗酸化作用をもたらしてくれます。正常な細胞を傷つけて細胞の老化を促進してしまう「活性酸素」の働きを抑制。血管の老化をケアし、動脈硬化といった病気の予防に繋がります。またコレステロールや中性脂肪の減少にも効果を発揮してくれる成分です。

血糖値を下げる

ヤーコンの葉の中には、天然のインスリンと称されるイヌリンという成分が含まれています。摂取してもほとんど吸収されず体外に排出されるのが特徴で、水分を吸収するとゲル状になり、余分な糖質もからめとってくれます。そのまま排出を促してくれるため、血液中に糖が増えすぎるのを防止。糖の吸収をゆるやかにしたり、血糖値を下げる働きがあります。

美肌効果

ヤーコンに含まれるビタミンA・B郡・Cが、ダイエット効果はもちろん、美肌効果を引き出してくれます。活性酸素を分解することで皮膚を強くしたり、皮脂分泌を低下させ肌弾力を向上。また抗酸化作用もあり、体を健康な状態に導いてくれます。そのため、美肌だけでなくダイエット効果も期待できます。

ヤーコンに含まれる成分·栄養素

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、人の胃や小腸で分解・吸収されにくい性質があり、食べるとそのまま大腸へ運ばれます。大腸内でビフィズス菌をはじめとする乳酸菌のエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるのが魅力。コレステロールや中性脂肪、血糖値、血圧などの数値を下げる働きがあることがわかっています。

食物繊維

食物繊維も多く含まれており、その大半が余分な脂質や糖を排出する働きを持つ水溶性食物繊維。糖を排出する働きがあるため血糖値の低下に繋がり、糖尿病の予防や改善に繋がります。

ポリフェノール

ヤーコンの葉を乾燥させたお茶には、ポリフェノールが多く含まれているため、血糖値やコレステロール、中性脂肪を下げる効果があるほか、強い抗酸作用を発揮。美容にも効果があります。

おすすめの健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

ヤーコンのおいしい飲み方

まずはヤーコンの葉を数日天日干しし、パリパリに乾燥させます。それを小さく切れば、茶葉の完成。やかんに水を入れ、沸騰したら数分煮立たせましょう。ヤーコンはかなり苦いので、他のお茶などとブレンドして飲むほうがおいしさを感じられます。

ヤーコンの副作用・注意点

ヤーコンはノンカフェインのため、大きな副作用は報告されていません。ただし、食物繊維やオリゴ糖が多く含まれているため、腸の動きが活発になります。飲みすぎると下痢を起こすことがあるので注意してください。一度に大量に飲まず、数回に分けて少しずつ飲むのがおすすめです。