桑の葉の糖尿病予防・改善効果

桑は養蚕のため日本各地で栽培されてきた植物として知られている桑の葉。効果があるとの認知が広まった時代には諸説ありますが、鎌倉時代より文献などで糖尿病の予防効果がうたわれてきた植物です。桑の葉には糖の消化酵素に対する阻害活性があるため、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあるとされており、注目を集めているお茶の1つです。

桑の葉のお茶を飲んで
血糖値が下がった事例

他の材料も含まれていますが、桑の葉入りのお茶を飲んで血糖値が下がった事例を紹介します。

「大盛り無料」「おかわり自由」に弱い男性

白米が大好きな男性

毎食つい大盛りを頼んでしまう男性。普段の食事をして2時間後に計った食後血糖値は、119mg/dL。正常値内でしたが、桑の葉茶生活を1週間続けたところ、85mg/dLとさらに低い数値が出ました。食生活を変えずにお茶をプラスするだけなので、続けやすいようです。

間食がやめられない女性

間食のお菓子がやめられない女性は、桑の葉茶生活を始める前の数値が137mg/dL。糖尿病予備軍は140mg/dL~とは言っても、一歩手前という状態です。お茶を飲み始めて1週間後は、120mg/dLという結果に。まだ高めではありますが、間食でこまめに糖分を摂っていることを考えると大健闘です。

効果の高い健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

桑の葉が糖尿病予防・改善に
おすすめの理由

構造がブドウ糖に極めて類似しているデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分を豊富に含んでいて、糖の吸収をブロックしてくれるためです。食物中の炭水化物は胃で消化され、最終的には小腸上皮にあるα-グルコシダーゼと呼ばれる糖を分解する酵素により、ブドウ糖に分解され体内へ吸収されます。デオキシノジリマイシンはこのα-グルコシダーゼを阻害する作用があり、糖の吸収を抑える結果になります。

このように桑の葉には血糖値の上昇を抑える作用があり、日本では手軽なお茶として摂取されている方も多いため、日々の健康と糖尿病の予防に繋がっています。

桑の葉の健康効果とは

糖尿病の予防

桑の葉に含まれているデオキシノジリマイシンには、小腸で吸収される糖質を阻害する役割があります。糖の吸収が緩やかになることで食後の血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病の予防に繋がるのです。

また糖の吸収が阻害されるため、血液中の糖が急激に増えるリスクを回避でき、インスリンの過剰分泌による膵臓の負担も軽減できます。

便秘の改善

桑の葉の成分として、ビタミン・カリウム・マグネシウム・鉄・ミネラル・食物繊維・フラボノイドなどがたっぷりと含まれています。豊富な栄養素が整腸作用を促すことで便秘の改善に繋がっています。

高血圧抑制

タマサート大学の教授が行なったラットを使った実験の結果、桑の葉エキスの投与により高血圧の抑制が見られています。この実験は血圧の上昇が見られるラットに毎日1kgあたり1gまたは0.5gの桑の葉エキスを投与し、8週間後に血圧の状態を検査したもの。桑の葉に含まれている抗酸化成分が血管の健康を保ち、弾力の衰えによる血圧の上昇を抑制してくれていると考えられています。

※注:ラットによる実験のため、ヒトにも同様の効果があると保証するものではありません

参照元:ResearchGate(https://www.researchgate.net/publication/26819496_Mulberry_leaf_extract_restores_arterial_pressure_in_streptozotocin-induced_chronic_diabetic_rats

桑の葉に含まれる成分・栄養素

デオキシノジリマイシン(DNJ)

桑の葉に含まれる成分で最も重要視されているのが、デオキシノジリマイシン(DNJ)です。

糖の吸収を抑える働きやインスリンの分泌を抑制する効能もあります。脂肪を蓄積するのを防ぎ、太りにくい体づくりに役立つため、ダイエットやメタボ対策にも有用とされています。

デオキシノジリマイシンは、身近な植物の中では唯一、桑の葉にだけ多量に含まれている成分であると言われています。

ビタミン・ミネラル

桑の葉には、ビタミンA・B1・B2・C・Eなどのビタミン群と亜鉛・鉄・マグネシウム・カリウム・カルシウムなどのミネラルも多く含まれています。

ビタミンAは肌の健康や視力の維持に働きますし、ビタミンB1は糖質を大量にエネルギーとして使う脳の神経系を働きやすくするサポートをします。ビタミンB2は疲労回復やエネルギー代謝を支え、ビタミンCとEはどちらも抗酸化作用があり、体の酸化を予防し、エイジングケアにも繋がります。

ミネラルである亜鉛は免疫力アップや、健康な髪の毛・お肌の維持に働いてくれる成分です。鉄は充分な血液を体内で作り出すために必要不可欠。マグネシウムとカルシウムは丈夫な骨や歯を守る大事な成分ですし、カリウムは余分な塩分の排出に役立つ優れものです。

ビタミンやミネラルは体のバランスを整えるためには、とても重要なものである一方、すべてを一度に摂取するのはなかなか難しいとされています。桑の葉にはそれらの成分が多く含まれており一度に摂取することが可能です。

GABAやルチン

GABAにはストレスを抑制する作用が強く、興奮した神経を落ち着かせ、ドーパミンの抑制効果があるとされているため高い注目を浴びている成分の一種です。

また、ルチンという高い抗酸化作用をもつポリフェノールの一種も含まれています。ビタミンCの吸収を助け、皮膚や血管の健康を保ち若々しい印象に導いてくれるのが特徴。血糖値の回復作用も認めることから、糖尿病の予防にも効果的と言われています。

おすすめの健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

桑の葉のおいしい飲み方

桑の葉茶にはやかんで入れる方法と急須で入れる方法の二種があります。

やかんで入れる場合:乾燥した桑の葉を5g程度を1Lの水に入れ、火にかけます。お湯が沸騰したら弱火で1~2分程度煮込みます。火を止めて茶こしなどでこしたら完成です。茶こしでこすのが手間な場合にはお茶パックなどに入れ沸かしてください。

急須で入れる場合:乾燥した桑の葉を5g程度急須に入れ、熱湯を注ぎます。3分程度置き好みの濃さになったら湯呑などに移しましょう。

桑の葉の副作用・注意点とは

ノンカフェインのため、妊婦や子どもでも飲むことは可能ですが、飲みすぎるとお腹を壊すことがあるので飲みすぎないように気を付けましょう。また、腎臓病のある方はミネラルを多く含んでいるため医師への相談が必要になります。