ハブ茶の糖尿病予防・改善効果

エビスグサの種子からつくられているハブ茶は、官報で「決明子」と呼ばれる健康茶の一つです。便秘からくる肩こりや、眼精疲労などの緩和・予防効果があるとして珍重されてきた歴史があり、今は日本でも普及しつつあります。

ハブ茶が
糖尿病予防·改善におすすめの理由

メインとして有効成分にアントラキノン誘導体やビタミンAなどを含んでいるお茶であり、便秘解消の他、高血圧を改善する効果が期待できます。人の内臓系にも様々な効果を発揮するお茶であり、胃腸や肝臓の調子を整える作用も認められていることから、二日酔いの予防にも利用されることがあります。不眠症、腎臓病、疲労、高血圧をはじめとする様々な生活習慣病の予防におすすめされています。

ハブ茶の健康効果とは

便秘の解消・抑制

ハブ茶に含まれているアントラキノン誘導体には、大腸内の筋肉を活性化させることにより腸のぜん動運動を促進する働きがあります。このため便秘に苦しんでいる人にとっては、便通の促進効果が期待できるでしょう。ハブ茶は利尿作用も持っているため、排泄がスムーズになって体内の毒素を効率良く排出する効果にも繋がります。便秘が原因の肌荒れや肩こり、身体のむくみにも効果が期待できます。

眼精疲労や目の充血を緩和

眼精疲労や目の充血は、肝臓の疲れが起因していると考えられています。ハブ茶が含むアントラキノン誘導体は肝臓の負担を軽減させる働きを持っているため、肝臓が原因で生じている眼精疲労や目の充血に効果を発揮します。昼間は普通に見えるのに夕方頃になると暗くなって視力が悪くなったように感じる…と言う人にも、ハブ茶の効果が期待できるでしょう。目の健康を維持する飲み物として親しまれてきました。

生活習慣病の予防

アントラキノン誘導体は肝臓の調子を整える他、コレステロール値を低下させて血液中の悪玉コレステロールを減らすという働きも期待できます。悪玉コレステロールの増加は動脈硬化や高血圧など、生活習慣病の原因です。最悪の場合は脳梗塞など命に係わる病気にも繋がるリスクがあるため、ハブ茶でコレステロール値を正常に整えるのがおすすめ。生活習慣病の予防は肥満を防ぎ、体型を維持する働きも期待できます。

ハブ茶に
含まれる成分・栄養素

アントラキノン誘導体

便秘の解消や肝臓の調子を整える効果、コレステロール値を整える働きが期待できます。

ビタミンA

皮膚や粘膜を構成する働きにかかわっており、新陳代謝を促進する効果があるとされています。

オススメの健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

ハブ茶のおいしい飲み方

麦茶のようにあっさりと飲みやすい味わいが特徴的なお茶です。飲みやすいため、ヤカンでお湯を沸かして煮出したり、急須にお湯を入れて茶葉を蒸らしたりなど、一般的な入れ方で楽しめます。