バナバ茶の糖尿病予防・改善効果

バナバ茶はフィリピンなどの熱帯地域で古くから飲まれているお茶です。日本ではオオバナサルスベリとも呼ばれています。ミネラル群および食物繊維が豊富に含まれ、東南アジア全域で糖尿病治療や肥満予防、便秘改善の民間薬として、1000年以上もの間飲用されている歴史を持ちます。日本ではダイエット茶として広まり、日々の栄養補給にも最適です。

バナバ茶を飲んで
血糖値が下がった事例

「大盛り無料」「おかわり自由」に弱い男性

白米が大好きな男性

大盛り・おかわり大好きな男性に、バナバ茶を試してもらいました。試す前の食後2時間の血糖値は、119mg/dL。もともと正常値内ではありましたが、普段の食事にバナバ茶をプラスして1週間、85mg/dLでさらに低い数値に。食生活を変えずにお茶だけでここまで変化が現れました。

毎日、ジュース・エナジードリンクを飲んでいる女性

コーラを毎日飲む女性

仕事中の相棒はコーラとエナジードリンク。食後血糖値を計測したところ、163mg/dLと立派な糖尿病予備軍の数値が出ました。そんな女性にバナバ茶を1週間試してもらい、再度数値を計測。結果は104mg/dLと、60も数値が下がる結果となりました。

効果の高い健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

バナバ茶が糖尿病予防や改善に
おすすめの理由

おすすめの理由となるポイントは、バナバ茶に含まれているコロソリン酸。インスリンと同じようにグルコースを細胞内に速やかに吸収することで血糖値を下げることが報告されていますので、糖尿病の予防が期待できます。また、食物繊維が豊富に含まれていることから、糖の吸収を抑制したり、LDLコレステロールを減少させる作用もあるため、生活習慣病の予防や改善にも効果があります。

バナバ茶の健康効果とは

糖尿病の予防や改善

バナバ茶に含まれるコロソリン酸にはアディポネクチンの分泌をサポートする成分が含まれています。アディポネクチンはインスリンの働きを助け、ブドウ糖を吸収する働きを促進させる作用があります。このため、血糖値を下げる効果があるといわれ、糖尿病の予防や改善に繋がります。

便秘解消

バナバ茶には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は食べ物と一緒に腸まで届くと、消化吸収の速度が緩やかになります。大腸に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増え、腸内環境を良くします。さらに大腸を刺激し、排便を促進。さらに、食物繊維や亜鉛・マグネシウムの栄養成分も豊富で、緩やかに便通を促す働きをします。

LDLコレステロールを減少させたり、ブドウ糖の吸収を抑制するなど生活習慣病の予防にも効果的です。

肥満の予防や改善

血糖値の上昇が抑制されることで、糖が脂肪として蓄積するのを抑えることができ、痩せやすい体になります。また、脂肪の燃焼を促進する働きもあることから、肥満の予防や改善にも効果を発揮。ダイエットにも向いているお茶です。

バナバ茶に含まれる成分·栄養素

グリコース・グリコキニン

バナバ茶の主成分であるグリコース・グリコキニン配糖体が血糖値を下げる働きがあると言われています。

コロソリン酸

コロソリン酸はトリテルペン化合物の一種で、コロソール酸とも呼ばれます。コロソリン酸は、インスリンと似た働きをするためブドウ糖の細胞への取り込みを促すことで、血糖値を低下させてくれます。また、利尿作用や代謝を良くする作用もあります。このコロソリン酸は他の茶葉には見られない独特の成分です。

カリウム

バナバ茶に含まれるカリウムの量は、他のお茶と比較すると、含有量は比較的多いです。カリウムの働きで、血液中の余分な水分や老廃物も尿として排出されます。利尿作用が高くなるため、血液成分が改善され肝臓の機能も向上します。

食物繊維

バナバ茶は食物繊維が豊富。その量はさつまいもの約15倍といわれており、他のお茶よりも多く含有されています。食物繊維は便通を促したり、糖の吸収を抑えたりする作用があります。

コロソール酸

上述のように、バナバ茶はコロソール酸と呼ばれる成分を特有に含んでいます。このコロソール酸はインスリンと似たアミノ酸から構成され、体内ではインスリンと似た働きをします。言い換えれば、インスリンと同様に、血中の糖を細胞内に取り込ませ、血糖値の上昇を抑制する働きがあるのです。

そのため、すでにインスリンの分泌量が少なくなっている糖尿病患者の血糖値のコントロールにとって、バナバ茶は非常に嬉しい効果を持つお茶であるといえます。

おすすめの健康茶はどれ?
健康効果の高い茶葉の配合量で比較

バナバ茶のおいしい飲み方

おいしい飲み方には2種類の方法があります。やかんに水1リットル、バナバ茶を大さじ1~2杯入れ、火にかけます。沸騰したらとろ火にし、水がやかん半分程度になるまで煮詰めます。

急須の場合、バナバ茶を大さじ1~2杯入れ、熱湯を注ぎます。2、3分程で好みの濃さになるまで蒸らします。

バナバ茶の副作用・注意点

バナバ茶に副作用が発症したという報告はありません。コロソリン酸が含まれているため、低血糖を起こしやすい人は多量に飲むことは控えましょう。