糖尿病予備軍 脱出計画 » 糖尿病予防・対策におすすめ!「健康茶」特集コラム

糖尿病予防・対策におすすめ!
「健康茶」特集コラム

糖尿病予備軍隊員の血糖値を
下げた「健康茶」とは

血糖値やコレステロール、体脂肪の抑制効果、血行の促進効果などの健康効果を期待できるお茶・健康茶。糖尿病をはじめとする生活習慣病を予防されることから注目されています。

当サイトで招集した優秀な数値を持つ糖尿病予備軍隊員たちの血糖値をどれほど下げるのか、検証しました。

糖尿病予備軍隊員

健康茶の効果検証!
予備軍隊員たちの血糖値測定結果を見る

健康茶の糖尿病予防効果を検証!
隊員たちの血糖値測定結果

運動は続かない、体に悪い食生活と気づいていながらやめられない、そんな7人の糖尿病予備軍たちに1週間、健康茶生活を送っていただきました。スティックタイプのものを食事と一緒に1包ずつ。飲み忘れることもチラホラあった中、すべての人で食後血糖値の低下が見られました。

「大盛り無料」「おかわり自由」に弱い男性

白米のおかず探しが私の人生。もともと痩せ型なのに、最近、お腹だけぽっこり膨らんできて…

白米が大好きな男性

間食がやめられない女性

「やめられない」とは言いたくない。「やめない」の。

間食がやめられない女性

コンビニのおにぎりや弁当が大好きな男性

22時以降は自粛しようと決めて、24時以降、我慢できなくなって…

コンビニ弁当ばかり食べている男性

甘いものに目がない女性

スイーツ好きと一緒にしないでほしい。私は砂糖が好きなの。

甘いものに目がない女性

ついついお酒を飲み過ぎちゃう男性

ダメと言って止められるのなら、警察はいらない

お酒をやめられない男性

ラーメンが主食な男性

ラーメンは国民食。だからゼロカロリー

ラーメンが主食の男性

毎日、ジュース・エナジードリンクを飲んでいる女性

飲みたくなくても、気づいたら飲んでいるんです。

コーラを毎日飲む女性

健康効果の高い茶葉の配合量で比較
健康茶の商品選びガイドを読む

医師が解説!
健康茶が糖尿病に
オススメの理由とは

二木昇平(ふたきしょうへい)医師

二木皮膚科院長・虎の門診療所副院長。漢方専門医として健康茶による糖尿病予防について各種メディアで情報発信を行なっています。当サイトでは、健康的に糖尿病を予防・改善するために必要な情報をお届けするために、今回二木医師に監修をお願いしました。

糖の吸収をおさえられる

健康茶の茶葉として有名な、ギムネマ・シルベスタ、バナバ葉、カテキンなどには糖の吸収を抑えてくれる成分が含まれています。ギムネマ・シルベスタは小腸が糖を吸収する穴を塞いでしまうことで物理的に吸収を抑制。カテキンは糖の分解酵素の働きを阻害することで吸収できないサイズにして排出を促します。バナバ葉は含有されるコロコリン酸という成分がインスリンと同様の働きを見せます。

茶葉によって作用の仕方は変わりますが、糖が体内へ吸収されるのをおさえることで血糖値の上昇を防止。糖尿病による膵臓への負担を軽減したり、活性酸素の発生を抑制することで神経障害や疾患の予防につながります。

インスリンの働きをサポートする

例えば、胆汁酸は膵臓でインスリンの分泌を促進するほか、膵臓が疲弊するのを防いだり、血糖値を上げるグルカゴンを抑制したりする働きをしてくれます。

インスリンは血糖を調整する機能を持つ、膵臓でつくられるホルモン。糖を細胞へ届けることでエネルギーに変換してくれるのが特徴です。糖尿病や予備軍の人は血液中の糖が通常より高い状態で、血糖を調整しようとインスリンが過剰に分泌され膵臓に大きな負担がかかります。そのまま負担が続くと、インスリンが作用しなくなりさらに糖尿病が加速したり、膵臓疾患を発症したりすることも。膵臓の負担を軽減することは糖尿病を改善するために大切なことなのです。

健康茶に含まれる成分はインスリンと同じように血糖を下げるのを手伝ってくれるため、膵臓の健康を維持できます。

動脈硬化を抑制する

クマザサ・カテキン・トチュウ(杜仲)・エンカプーレといった茶葉には、動脈硬化を促進する悪玉コレステロールの増加を抑制する作用があります。メタボリックシンドロームを解消する効果も期待されています。

実は糖尿病のような高血糖状態も動脈硬化が起こりやすい状況。高血糖により発生した活性酸素が血管壁を傷つけ、それを修復するために血小板が集まって壁が厚くなることで起こります。

仕組みは少し異なりますが、糖尿病患者・予備軍は高血糖と悪玉コレステロールの相乗効果で、通常の人よりも動脈硬化のリスクは高め。そのため健康茶による予防が有効です。動脈硬化の悪化で起こる心筋梗塞の対策にもつながります。

漢方専門医が
「健康茶の賢い選び方」を
伝授します

1.糖の吸収をおさえられる成分が含まれているか

糖尿病を改善するために健康茶を摂取するなら、糖の吸収をおさえられる成分が含まれているのかの確認は必須でしょう。糖尿病での初期症状や合併症も、元をたどればすべて血糖の高さが原因になっています。糖の吸収をおさえられれば、さまざまなリスクを軽減することに繋がります。

糖の吸収をおさえる効果が期待できる茶葉は以下のようなものです。

  • ギムネマ・シルベスタ
  • カテキン
  • バナバ葉
  • 桑の葉
  • グァバ葉
  • ヤーコン

原材料名を確認し、上記の成分が入っていることを確認してください。1つでも入っていれば糖尿病の改善・予防になります。複数入っていればなお良いでしょう。

2.インスリンの働きをサポートする成分が含まれているか

糖の吸収の次に注目したいのは、インスリンの働きをサポートしてくれる成分。インスリンの働きが活発になれば、糖の代謝が高まり血糖の上昇をおさえられます。膵臓が疲弊してインスリンがまったく作用しなくなってしまうリスクも軽減できるため、生涯インスリン注射を使用しないと生命維持できない状態になる前に食い止められるかもしれません。

インスリンと同様の働きをしてくれたりサポートしてくれる成分が含まれた茶葉としては以下のようなものが代表に挙げられます。

  • バナバ葉
  • クマザサ
  • 桑の葉

少なくともどれか一つは使用されている健康茶を選ぶのがおすすめです。

3.動脈硬化を抑制する成分が含まれているか

糖尿病になると血管内に活性酸素が発生しやすくなり、放置すると血管がどんどんボロボロになっていきます。最も怖いのが傷ついた血管壁を修復しようと皮膚が厚くなり、動脈硬化が進むこと。最悪の場合、血管が完全に塞がって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。そのリスクを減らすためにも、動脈硬化を予防できる茶葉を選びましょう。

代表的なものは以下になります。

  • クマザサ
  • カテキン
  • トチュウ(杜仲)
  • エンカプーレ
  • 柿葉
  • クコ葉

原材料名に記載されているか確認しましょう。

4.粉末状のものか

粉末状で水やお湯に手軽に混ぜて飲めるタイプだと、継続して摂取しやすいのでおすすめです。健康茶にはティーパックタイプのものが多く、煮出してつくる必要が出てくるケースがほとんど。

お湯を沸騰させてから少し冷まし、茶葉を蒸らして…と、いくつもの工程が必要になると家事や仕事で忙しい日々の中では面倒が増えてしまいます。大切なのは継続して摂取すること。中には粉末タイプのものもあるので、そちらを選ぶと続けやすいでしょう。

5.飲みやすい味か

健康茶には数多くの種類があり、味や香りは様々です。カフェインが含まれているものもあれば、含まれていないものもあります。また、カテキンのように渋味や苦味があったり、杜仲茶のように甘い香りがするものもあります。

大切なのは継続。一度糖尿病になると基本的には治りません。それ以上の進行を防ぎ、合併症を予防するのが最善策です。毎日飲み続けるために味は重要。利用者の口コミなどを確認して、味に癖がないか確認してみましょう。

健康効果の高い茶葉の配合量で比較
健康茶の商品選びガイドを読む

健康効果に注目の茶葉一覧